• TOP
  • BEAUTY
  • 冬のマストハブ!温活アロマ&ハーブ “ジンジャー” 寒い季節のラウンドもジンジャーを取り入れてポカポカに。

冬のマストハブ!温活アロマ&ハーブ “ジンジャー” 寒い季節のラウンドもジンジャーを取り入れてポカポカに。

ラウンドにはうってつけな秋のベストシーズンも束の間。だんだんと冬の足音が聞こえ始めてきました。

グッと冷え込んでくれば、練習はもちろん、ゴルフ場へ行くことも「寒いから…」と、ちょっと足踏みをしちゃいがちになるものです。だから、そんなときにこそ体を芯からしっかりと温めてくれるアロマを取り入れてみましょう。その効果を存分に味わいながら、いざ練習場へ、いざコースへ!

日々の生活の中にアロマを積極的に取り入れて自身を整えながら、豊かに過ごされているアロマ事情通に、今の時期にオススメなアロマとの付き合い方を教えていただきました!

冬本番に備えよう!
温活アロマで寒いシーズンもしなやかに乗り切っちゃいましょう!



温活といえばジンジャー(生姜)が有名ですよね。料理やドリンクにもよく使われるので、お好きな方も多いのではないでしょうか?

ジンジャーもハーブの一種なんです。 実は、日本をはじめ、中国、東南アジアでは生のジンジャー(生姜)を料理に使う場合が多いのですが、西洋ではジンジャーブレッドのように、ドライのジンジャーをお菓子などの甘いものに使ったりすることが多いそうです。生とドライでは、同じジンジャーでも含まれる成分が少し違ってきます。



例えば、ジンジャーは体を温め、代謝を高めるため、冷え性の人や風邪の引きはじめによいことは有名ですが、他にも胃のむかつきを抑える作用があるので、実は乗り物酔いや吐き気にも良いのです。
だから乗り物酔いしやすい方には、コースまでの車移動でも効果を発揮してくれますし、そうじゃない方もラウンド時に、生の生姜とレモンを優しい甘さのはちみつに漬け込んだジンジャーレモンシロップを持っていって、おいしいヘルシーなおやつとしてエネルギー補給もしちゃいましょう。



逆に、ドライジンジャーは乾燥させることでジンジャロールという成分がショウガオールという成分に変化し、より消炎や鎮痛作用が強まるといわれていますので、関節炎などの痛みを感じるときによりオススメです。
あたたかいジンジャーティーを飲みながら、ラウンド前・ラウンド中は体もしっかり温めましょう。
ラウンド後には、このお茶にジンジャーレモンシロップを入れてみれば、レモンの疲労快復効果もいただくこともできます。



生のジンジャーをすりおろすのは面倒!っていうときは、私はジンジャーパウダーを使います。
お湯にいれて手早くかきまぜるだけで同じように効果を得られるので、ラウンド前の朝ごはんのお味噌汁に小さじ1杯入れるだけでも、体が温まっていいですよ!




そして、極めつけはお部屋の中で、飲み物として摂っているものと同じアロマオイルを焚くとより効果倍増?! かも。
・ジンジャー・・・2滴
・レモン・・・・・3滴


これで体もゴルフも冷えしらずで、きっと冬場のゴルフも楽しめるハズ。
皆さんもどうぞ、この冬にお試しくださいませ!

 

【ゴルフネットワークプラスの視聴方法】

●アプリで視聴
App StoreまたはGoogle Playから、「ゴルフネットワークプラス」のアプリをダウンロード!見逃し配信やゴルプラ女子部記事以外にも、ゴルフ関連のピックアップ記事がサクサク読めるゴルフマガジンや、人気レッスンの動画も全て無料でお楽しみいただけます!

『ゴルフネットワークプラス』アプリダウンロードはこちらから。

iPhone版をダウンロードする
Android版をダウンロードする


●パソコンやタブレット、スマートフォンで視聴
(アプリなしでも視聴できます)
視聴ページは下記のリンクをクリック

ゴルフネットワークプラスTV




Writer:  gj編集部

あなたも「ゴルフネットワークプラス」アプリを
ダウンロード&会員登録してgjメンバーになりませんか?
今後のgjの活動は、アプリ内で随時お知らせしていきます!

GOLF NETWORK PLUS