• TOP
  • EVENT
  • 【gjプチレポ】女子限定の人気コンペ「CURUCURU フェスティバル」にgjメンバーが潜入レポート!

gjプチレポ

女子限定の人気コンペ「CURUCURU フェスティバル」にgjメンバーが潜入レポート!

女子限定のコンペって気になるけど、一体どんな雰囲気なの?
ゴルフ仲間を増やしてもっとゴルフライフを楽しみたいから、一度参加してみたいけど、様子が分からないとちょっと尻ごみしてしまう…。
そんな風に思われてる方も多いのでは?
ならば、その様子を少しでもお伝えするべく、gjメンバーの4人が潜入レポートをお届けします!

今回は6/24(日)に開催された「女性限定コンペ CURUCURU フェスティバル 〜ベスト更新に挑戦!!〜 」にエントリー。梅雨の合間で心配した天気もなんのその、すっかり空は晴れ渡って絶好のゴルフ日和となりました!

早くも芽生える一体感!ブルーのゴルフコーデに身にまとった女性ゴルファーたち

「CURUCURU フェスティバル」コンセプトはズバリ「おしゃれもスコアもどちらも手を抜かない!」こと。ゴルフ好きがたくさん集まる匂いが漂って、期待も膨らみます。

会場となったのは八ヶ岳の裾野に広がる富士見高原ゴルフコース。ここは国内最大級の広さを誇る林間コースとして知られていて、それだけにコースにはOBがなく、ゴルフ本来のプレーが存分に楽しむことができるのです。夏場は気温が25度以下で湿度も30%ぐらいのコンディションだから、これからのシーズンは特に訪れてみたいコースの一つ。

車を持っていないgjメンバーも多いと思いますが、希望すれば新宿駅からコースまでの往復用にチャーターされたバスに乗車することができるので、移動の心配もご無用。ラウンド当日は行きも帰りもゴルフ談義に花を咲かせたいものだし、イベントスタッフさんも同乗してくれて、乗り遅れがないことをしっかり確認してくれる嬉しい気配りも。

女性限定コンペというだけあって、クラブハウスで迎えてくれたスタッフさんも全員女性ばかりという徹底ぶり。日本のゴルファーのうち9割は男性ともいわれてますが、この空間においてはそれを微塵も感じません。

支度を整え、クラブハウスを抜けると真っ先に目に付いたのがブルーを基調としたゴルフコーデで集まった総勢59名の女性ゴルファーたちの姿。そう、参加にあたってはドレスコードも設けられているのでした。

「これなら初めて会った人とも、一瞬で仲間意識が芽生えるかも!」
「みんな同じ思いで参加してるから、よりそう思える!」

ますます濃さを増す山々の緑に負けんばかりにコースで映えるブルーカラー。gjメンバーの気分も一気にアガります。ゴルフはメンタルのスポーツでもあるから、参加者みんなで作り出す一体感も大事。こういった遊び心もまた、女性限定コンペならでは演出の一つかもしれません。集合写真を撮り終えた頃には、早くも打ち解けたムードがコース内に漂います。

「140 : 100」から導き出された女性にとっての適正なラウンド距離とは?

今回のテーマは「女性にとって適正な距離からラウンドして、みんなで一緒に自己ベストを更新しよう!」というもの。では、その距離を一体どうやって導き出すのでしょう?
着目したのは「140:100」という数字。
これは一般的にいわれる男性と女性それぞれの7番アイアンでの平均飛距離で、比べてみると同じクラブの番手であっても男性は女性の1.4倍飛ぶということが分かります。
それを踏まえ、ゴルフ場の総距離を考えることにより、女性にとって最も適切だと考える総距離を見出すのです。

女性が使うレッドティーからの総距離が5,600ヤードのゴルフ場があったと仮定した場合、男性と女性は各クラブの飛距離が1.4倍違うので、男性の総距離も女性の1.4倍であるべき。
つまり、レッドティーから5,600ヤードのコースであれば、男性のホワイトティーはその1.4倍の7,800ヤード(!)ないと割が合わないということに。
7,800ヤード超えといったら男子プロのトーナメントに匹敵する長さに値するわけです。
この富士見高原ゴルフコースでは、ホワイトティーが6,500ヤードなので、このコースにおける女性にとって適正な距離は4,700ヤードであると算出し、その距離からベスト更新を狙うのが今回の企画意図なのです。
これまで、そんな風に考えたこともないけど、聞けば「なるほど!」と頷けます。ゴルフが大好きで、公私ともにゴルフにたっぷり浸かっている主催スタッフさんの発想に満場一致で共感!

ベスト更新のために用意されていた、強力な秘密兵器

でも、どんなに距離を適正値にしたからといって、それだけでスコア更新ができるほど、ゴルフは簡単でないことも事実。
けれど、「あとは自分との戦いです!」と手放さないところがまた、このイベントの魅力でした。
なんと、各カートに用意されていたのはオリジナル「コース攻略ガイド」。
コースや各ホールの特徴を記したMAPは、ゴルフ場の公式サイトはもちろん、予約サイト、あるいはカートに設置されたモニターからもチェックはできますが、この日のために設けられた特設ティーからプレーするにあたって、主催スタッフさんが綿密にコース内を下見ラウンドして、各ホールでベストなショットが打てるように攻略法を余すことなく書き記したお手製の秘密兵器が用意されていたのです!

《CURUCURUスタッフさん渾身のお手製コース攻略ガイド!》

「こんなサプライズ、これまで参加したコンペの中でも経験がない!」
「初めてラウンドするゴルフ場ではコースMAPを特に見るようにはするけど、実際はアップダウンもあるし、いまいちポイントは掴めないままに、とりあえずプレーしちゃうことがほとんど。」
「私はまだプレーで精一杯だからコースMAPをチェックすることもできてないし。」
「この必勝MAPをしっかり活用して戦略的に攻めてみよう!」
心強いアイテムを入手して自信がみなぎるgjメンバーたち。レディースティーからのベストスコアを事前に自己申告して、いよいよティーオフです!

《左からgjメンバーのCue(キュー)さん(ベストスコア103)、Kaorinさん(同132)、まりなさん(同93)、39(さんきゅう)さん(同89)。このうち、Kaorinさんは今回が女子コンペに初参戦》

 

そして、このあと気になるラウンドレポートはgj公認ライターの39さん(写真右)と、まりなさん(写真左)がお届け!

gj公認ライターの私たちがラウンドレポートします!

ゴルフ大好き女子の39と、まりなです!同じゴルフスクールで出会った私たちは同い年ということもあり、直ぐに意気投合!ゴルフ歴2年、気づけば年間約50ラウンドしてしまうほどのゴルフバカ。実は私たち、前日も一緒にラウンドして前泊していました。せっかく遠征ゴルフに行くなら途中でもラウンドしたくなりますよね?(笑)

gjメンバーのCueさん、Kaorinさんとは今回が初のご対面。また新しいゴルフ仲間が増えて嬉し~い!
果たして、この4人の中で何人がベスト更新できるのでしょうか?

初めて訪れた富士見高原ゴルフコースですが、驚くことにここにはOB設定がないのです!
そして、ホールとホールの間の林もキレイに整備が行き届いてるから快適!ショットを曲げてしまってもボールも見つけやすいし、リカバリーも上手くできそうな予感。
また、標高の高いコースなので、1クラブぐらい平地よりもボールが飛ぶから出足は用心したいところ!

更にこのコースは馴染みが薄い洋芝が植えられているとか。和芝(野芝)の特徴はボールが芝の上に浮きやすいけど、洋芝の場合はボールが芝に沈みやすく、粘りっけがあるのが特徴みたい。クラブに絡みやすそうだから、私たちにとっては強敵かも!?
なんと洋芝慣れするために、海外での活躍を目指すプロの選手も練習ラウンドで訪れることもあるらしいんです。
「私たち、大丈夫なのかな?」そんな心配も頭をかすめつつ、いざ、INコースからのスタートとなります!

このイベントで設けられた特設ティーの名称は「ハートティー」!
富士見高原ゴルフコースの樋口総支配人がネーミングされたとか。
かわいい!
いつものレディースティーよりかは距離が短く設定されているから、中にはバーディを狙えそうなホールも点在。だからといって、どうにか力まないようにしないとです。

毎ホールごとにCURUCURUスタッフさんが手作りされた戦略マップをしっかり確認。
狙いどころを教えてくれてるので、ティーショットはどこへ打つか迷わずに自信を持って振り切れます!
4人の中では一番ラウンド経験が少なく、かつ女性限定コンペ初参加のKaorinさん。それでも、そんなことを感じさせずにナイスショットを連続して常にフェアウェイをキープ!しかも飛んでる!!すごい!!!
ティーショットが安定してると2打目の集中力も増してきますよね。

そして、手に入れたばかりだというのにテーラーメイド M2のクラブセットを見事に使いこなしてるCueさん。こういう時はメンバーがどんなクラブを使っているのか?も思わず気になって見ちゃいますよね。
なにより女子コンペの魅力はお互いのショットのたびに上がる「黄色い声援」!女子だけって気兼ねなくワイワイできるから楽しい~っ(^^♪

みんな初めてのコースだったけど、戦略マップのおかげでまずまずの出足?
後半のスコア次第では全員がベスト更新できるチャンスを残しつつ、お楽しみのランチタイムへと突入。

ゴルフは気分転換がなにより大事!楽しいランチタイム♪

ハーフを終えてお楽しみのランチタイム。ランチでリフレッシュ。これはゴルフにとって大事なことですよね。
39は手打ちの信州ざるそばを頂きました!山の天然水で作られたお蕎麦はコシがあって美味しい~!
それとやっぱりランチタイムのビールは最高!!(笑)
ちなみにこのコースではステーキが美味!で有名。毎月「素敵(ステーキ)な日」と称したラウンドプランもあるようなので、次はその日にあわせて来てみたい!
食事しながら、やっとgjメンバーでゆっくり会話もできました。
初めましてだったので、スタート直後はお互い少し緊張していましたが、すっかり打ち解けられた4人!
ワイワイとゴルフ以外での女子トークも止まらず…
あっという間にランチは終了。

「さあ、午後も頑張るぞ!」

お腹もいっぱいだし、後半での巻き返しをみんなで誓うのでした!

梅雨の時期や汗ばむ夏に特にオススメな便利アイテム

当日、gjメンバーのために、ゴルフのお役立ちグッズのプレゼントが!メタリックなシャンパンゴールドが印象的なTOUR G のグローブキーパー。雨の多い時期や汗ばみやすい夏場は特に、使ったあとのグローブをそのまま丸めてキャディバッグにしまってしまうと、シワになりやすくなって、次に使う時には残念な姿になっていることが多いもの。グローブは体とクラブの大事な接点になるところだけにケアもしっかりすることで、よりスコアアップに対する意識づけも高められるかもしれません。キャディバッグにアタッチして、ランチの合間やラウンド後にグローブを装着しておくだけで、形をキープしたまましっかりと乾燥をサポートしてくれる優れアイテム。これできっと後半のナイスショットも期待できそう!

《コレがあれば、いつもパリッとしたグローブでプレーができる!》

後半戦スタート!果たしてベストスコア更新となるのか!?

午後は空がすっかりと晴れ上がって、まるで夏模様。
まずは、3番のショートホールで39が遂に1つ目のバーディをゲット。このまま波に乗りたいところ!
次に迎えた4番ホールは213ヤードのパー4という設定。
これぞ、まさにハートティーの恩恵なのです。
「ワンオンチャンスだーーー!!!」口を揃えて、みんなの気合も漲ります。

ティーショットをどこに運べてばセカンドショットが好条件で打てるとか、まるでキャディさんのように指し示してくれるありがたい戦略マップ。
おかげで余裕も出てきたのか遊び心がムクムクと湧きあがり、7番のニアピンチャレンジホールでは、みんなで好きな女子プロになりきりごっごを楽しみました♪

「私は申ジエよ」

「私は宮里藍!」

とかとか、それぞれが宣言してからのティーショット。果たしてその成果のほどは…!?
まりなのショットはグリーン横にわずかに外れる…。
う〜ん、惜しい~( ;∀;)
それでも、2打目をしっかりカップに沈めて、ようやくこちらもバーディをゲット!
ベスト更新に向けての後半の快進撃を続けます。
「いいぞ!いいぞ!」と自分たちを鼓舞しながら。

それでも、やっぱりときどき顔を覗かせるいつもの悪いクセ。。
後半になるにつれ厳しく差し込み出した日差しにもバテてきたのか、肝心なところでパットがマローン…
(※マローン = ボールがカップをくるっと回って入らないこと。私たちの独自の用語です)
それでもめげず、お互いを励まし合いながら、戦略マップをぎゅっと握りしめて決して諦めない4人組!
思いは一つ。ときに楽しく弾けながら、ときに息を飲んで真剣にゴルフと向き合いながら、右へ左へとフェアウェイを横切りながらも、無事に全員でホールアウト。

「ナイスラウンド!みんな一日、お疲れ様でした!」

この達成感、ひょっとして全員ベスト更新しちゃってる!?
気になる私たちのスコアは、のちほどフォトスコアカードで発表します!

《午後の強い日差しにもめげずに、笑いの絶えないラウンドでした!》

ベストスコア更新に立ち会うって、こんなにも盛り上がれるものなんですね!

ラウンドを終えて臨んだ表彰式。
会場の窓からも八ヶ岳の稜線が鮮やかに見渡せて晴れやかな気分。
テーブルには軽食や女子には嬉しいスイーツまでが運ばれてきました。
ラウンド後の疲れが一気に吹っ飛びます!

そして気になる結果発表は、なんと参加した59名のうち、なんと20名の方がベスト更新を達成!
皆さん、本当におめでとうございます!
そして私たちgjメンバーの中からはKaorinもその1人に!もちろんテーブルは大盛り上がり!
ナイスラウンド!Kaorin、おめでとう★
パーティでは一番多くスコアを更新した人を最後に発表するという、これまたなかなか味わえない体験に会場も大いに沸き立ちました。
ゴルフ好きだからこそ、スコア更新の難しさを知ってるからこそ、誰かのベスト更新も自分のことのように喜べてしまうものなのかも知れません。
今回スコアを最大に縮めた方は、なんと21打の更新で自己ベスト128から107へのジャンプアップ。本当にお見事です!
そのインタビューで触れてましたが、こういうイベントで初めて出会った方々とのラウンドだったにもかかわらず、最初から打ち解けた雰囲気にまったく緊張感もないままにプレーができたのが何よりの勝因だったとか。
そんなコメントを聞いてしまうと、尻込みなどせずイベント参加してみたい気持ちになりますよね?
同時に、適正距離からラウンドしても、私たちgjメンバー3人を含め、スコア更新が叶わなかった参加者もいるわけで(苦笑)。
そう、やはりゴルフは簡単ではないスポーツではないことを改めて実感。
だからこそますますやる気が湧いて、もっと腕を磨きたいと思うのでした!

気になるgjメンバーのスコア発表!

《Kaorinさん》

本人コメント:「初めての女子コンペ参加でしたが、メンバーにも恵まれてすごく楽しめました!なんとベストスコアを12打も縮めてスコア120!自分でも驚きです!参加して本当によかった!パター練習を頑張って、もっとスコアを縮められるように頑張ります!」

《Cueさん》

本人コメント:「ベストスコア更新はできませんでしたが、初めて手に入れたテーラーメイドのクラブセットがますます自分に合ってきた!途中、グリーンまわりで刻んで、刻んで、また刻むという、いつものイケないパターンにも陥りかけたけど、存分に満喫ができました!まずは今年100切りを目指します!」

《39さん/gj公認ライター》

本人コメント:「惜しくもベスト更新にはなりませんでしたが、皆と一緒にワイワイゴルフが出来てとても楽しかったです♪女子限定コンペ、ドレスコードはブルー、”ベストを更新しよう!”と明確なコンセプトがあって参加者に一体感がうまれていました。”皆顔見知りなんじゃないの・・・?””1人で参加するのって不安だなぁ・・・”という方でも全然大丈夫!CURUCURUさんが誰でも参加しやすい雰囲気を (入念に)作ってくださっているなぁという印象を受けました。今後も是非参加させていただきたいです!富士見高原ゴルフ場の皆さまのホスピタリティも素晴らしかったです。これからどんどん暑くなりますが高原ゴルフ、また行きたいなぁ~!」

《まりなさん/gj公認ライター》

本人コメント:「初めましての方とラウンドするのは久しぶりでドキドキでした!ゴルフ好きの方とすぐに打ち解けられるのは、ゴルフの魅力のひとつだと改めて実感。私はベスト更新できませんでしたが、一緒に回った方がベスト更新するのって自分のことのように嬉しくなります(^^)!今回のコンペに参加して、ゴルフの魅力や楽しみ方を再発見することができ、素敵なゴルフ女子にも出会えたことに感謝します!これからも楽しむことを忘れず頑張ります!」

 

イベントを通じて新しいゴルフ仲間が増えてゆくのが女性限定コンペの最大の魅力。
まだコースに出たてのゴルフ初心者だから…といって、ドキドキしてしまって参加を躊躇することをせずに、誘われたり、機会をみつけたらぜひ参加してみてください。
ゴルフが好きな人の輪に入っていくことでスキルアップに繋がるヒントが得られたり、何よりもよりまだ知らなかった新しいゴルフの魅力にも気付くことができるかもしれません。

最後に、前日の雨天のなか夕方までコースのラフを刈り込んで、ベストなコースコンディションで迎えてくれました富士見高原ゴルフコースの皆さん、そして、こんなステキなコンペ企画を考えて当日まで細やかな準備を進めてくださったCURUCURUの皆さんに本当に感謝したいと思います!

<富士見高原ゴルフコース information>

富士見高原ゴルフコース
〒399-0101
長野県諏訪郡富士見町境12067
TEL: 0266-66-2221

今回登場したgjメンバーになるには、「ゴルフネットワークプラス」のアプリをダウンロードして会員登録するだけ!
クラブを握ったことすらないという初心者でも、これからゴルフを始めるのであればウェルカム!ゴルプラ女子部に、あなたもぜひご参加ください。
ゴルプラ女子部のイベント企画はもちろん、番組出演…なんてチャンスもあります!
gjへの参加方法や特典内容はこちら!

『ゴルフネットワークプラス』アプリダウンロードはこちらから
iPhone版をダウンロードする
Android版をダウンロードする

あなたも「ゴルフネットワークプラス」アプリを
ダウンロード&会員登録してgjメンバーになりませんか?
今後のgjの活動は、アプリ内で随時お知らせしていきます!

GOLF NETWORK PLUS