• TOP
  • FEATURE
  • ゴルバケ ニューカレドニア編 #1 〜 エアカランで行く旅 〜

ゴルバケ ニューカレドニア編 #1 〜 エアカランで行く旅 〜

休暇をとってゴルフに行くのは最高に楽しいひととき。同じように、まだ見知らぬ旅先へと繰り出すのも楽しい。どちらか1つを楽しむ人はたくさんいるけど、 2つを一緒に組み合わせると楽しさも想い出も無限大に膨らみます

んな忘れられない「ゴルフ旅」体験を、少しでも多くの人たちに感じてもらいたい、そうゴルプラ女子部は考えます。 ゴルフと休日のよい関係。それが皆さんに提唱したい ”ゴルバケ”。

今回は、こんな寒い時期だからこそより魅惑の地に感じ取れてしまうでしょうニューカレドニアをご紹介します。

日本からはおよそ飛行機で約8時間半。気温変化も比較的少なく、年間平均で24度ぐらいと爽やか。世界遺産にも認定されているラグーンは世界最大面積を誇り、いつまでもカメラを向けていたくなりそうな大自然が溢れる美しい島々がお出迎え。

大切なキャディバッグを抱えて、充実した体験を味わいに、いざ ”ゴルバケ”に出発!ニューカレドニアへの旅は海外ゴルフ経験が豊富なトンプソン智子さんにご案内いただきます。

エアカランで成田からニューカレドニアへ
高まる期待の先にある ”ゴルバケ”の旅へといざ出発!



成田空港第一ターミナル。成田からニューカレドニア首都ヌメアまでは約8時間半。直行便のエアカランで向かいます。
Fカウンターにてまずはチェックイン。エアカランは出発の30時間前からオンラインチェックインが出来るので座席指定はその時にやっておきます。

残念ながら窓側の座席はすべて埋まっていたので、チェックインの時に窓側に変更できるか確認すると、チェックインのお姉さん、ニッコリと「はい、お調べして変更いたしますね」とラッキーにも窓側の席に変更できました!
私はあまりトイレには立たないので常に飛行機は窓側をリクエスト。上空から見える景色も旅の醍醐味ですから。


《成田空港のチェックインゲート》

さて、今回のニューカレドニアの旅の目的の一つが憧れの「海外ゴルフ」。出来るだけ日本からゴルフの準備もしていきたいものです。

ゴルフバッグは使い慣れた自分の道具を持参するのがベストですが、利用する航空会社によって追加料金等が必要になる場合もあります。でもエアカランはゴルフバッグなどのスポーツ用品に限って無料で追加の荷物を預けることが出来るんです!
これはとても魅力的。

「日本から持っていくのは面倒だわ」という人は現地のゴルフ場でレンタルも可能ですが、予約が必要なので予め日本を出発前に利用するゴルフ場に確認してみてください。



エアカランは定刻通り正午すぎには成田を飛び立ちました。

水平飛行に入るとスナックとドリンクサービスが始まります。こんなカワイイ飛行機の形をしたスナックが出てきました。季節は8月。日本の地上は暑い真夏ですが、機内は女性にとっては少し寒いくらいの温度設定です。冷え性の私はホットコーヒーで身体をまずはウォームアップ。


お腹もちょうどいい具合に空いてきた頃に食事サービスが始まりました。笑顔の素敵なキャビンアテンダントさん。
メインディッシュはビーフかフィッシュの選択。これからはじまるニューカレドニアの旅はお魚を食べる機会も多いかなあ、と思いながらビーフをチョイス。

ということで赤ワインと一緒にBon-appetit!(ボナペティ)



美味しいワインでほろ酔い気分になったところで、一足お先に機内エンタテインメントでゴルフの練習(笑)

力加減が結構難しくて、何と3ホール目で5連続池ポチャ。でも次のホールではしっかりパーをとって、まさに真剣勝負。でもスコアを見ると、まるでリアルの自分のいつものスコアみたいです(笑)。

後半10ホール目で、気づいたら不覚にもどうやら寝落ち。暗くなった機内で3時間は熟睡していたようです。でも、少し睡眠不足を解消できました。

そう、ニューカレドニアと日本は時差が2時間。ニューカレドニアの6時は日本の8時。ほぼ時差が無いに等しいので、とても身体に優しいディストネーションなのです。これもニューカレドニアのゴルフ旅をおススメする大きな魅力の一つと言えますね。


機内にも灯りがつきました。目的地のヌメアまであと2時間。あっという間に赤道を超え南大西洋の上空を飛んでいたのですね。

機内では軽食サービスが始まりました。移動を伴う疲れが溜まりやすい旅ではビタミン摂取は大事なので、ここでもオレンジジュースをたっぷりといただきます。



いよいよ着陸体制に入りました。ヌメア到着は夜10時。エアカラン機はほぼ定刻通りにヌメア・トントゥータ国際空港に到着しました。

入国管理手続きもいたってスムース。ゴルフバッグはスーツケースとは別の大きな荷物専用ベルトから出てきました。荷物をカートに積み込んで税関もほぼスルーパス。

出口を出るとそこにはホテルまでの日本人送迎スタッフの方が待っていてくれました。夜遅い時間でもこうして日本語の通じる日本人スタッフが出迎えてくれるとホッとしますね。

次回は、ヌメア滞在で宿泊したヒルトン・ヌメア・ラ・プロムナード・レジデンスでの様子をご紹介します。
お楽しみに。

<取材協力>
ニューカレドニア観光局
エア・カレドニア・インターナショナル航空(エアカラン)

Writer :トンプソン智子
ゴルフ関連企業を経て独立しマーケティング/PR 会社を設立
海外 渡航歴や海外ゴルフ経験が豊富な旅好きな女子


【ゴルフネットワークプラスでの視聴方法】

●アプリで視聴
「ゴルフネットワークプラス」アプリで視聴スマホ・タブレット App StoreまたはGoogle Playから、「ゴルフネットワークプラス」のアプリをダウンロード!見逃し配信以外にも、ゴルフ関連のピックアップ記事がサクサク読めるゴルフマガジンや、人気レッスンの動画も全て無料!

『ゴルフネットワークプラス』アプリダウンロードはこちらから。

iPhone版をダウンロードする
Android版をダウンロードする


●パソコンやタブレット、スマートフォンで視聴
(アプリなしでも視聴できます)
視聴ページは下記のリンクをクリック

ゴルフネットワークプラスTV



gjメンバーになるには、「ゴルフネットワークプラス」のアプリをダウンロードして会員登録するだけ!
クラブを握ったことすらないという初心者でも、これからゴルフを始めるのであればウェルカム!ゴルプラ女子部に、あなたもぜひご参加ください。ゴルプラ女子部のイベント企画はもちろん、番組出演…なんてチャンスもありますよ!
是非チェックしてみてください!

gjへの参加方法や特典内容はこちら!





あなたも「ゴルフネットワークプラス」アプリを
ダウンロード&会員登録してgjメンバーになりませんか?
今後のgjの活動は、アプリ内で随時お知らせしていきます!

GOLF NETWORK PLUS