• TOP
  • LESSON
  • スコアアップをはかりたいgj必見! 〜 新星・松尾ブラザーズのゴルフお悩み相談室 〜 #3 バンカー編

スコアアップをはかりたいgj必見! 〜 新星・松尾ブラザーズのゴルフお悩み相談室 〜 #3 バンカー編

ゴルフが大好き!だからこそ、もっとスコアアップして、もっとゴルフを楽しみたいもの。そんな思いに満ち溢れたgjにお届けしたいプチレッスンコーナー。今回は苦手意識があるgjも多いのではないでしょうか?「バンカーショット」についてのご相談です。若きホープの松尾洋輝・松尾勇輝の兄弟プロが、誰でもかんたんに実践ができる練習法をアドバイス。皆さんのお悩み解決をお手伝いをします!


#1.パター編はこちらから

#2.アプローチ編はこちらから

お悩み その3.
「せっかく調子がいいのにバンカーで大叩きしてスコアが大崩れ…」
どうにか一発で脱出したいのです!


今回のテーマは苦手とする方も多いでありましょう「バンカーからの脱出」についてです。バンカーに入れたくないから、絶対に入らないように気をつかって打っているにも関わらず、入ってしまうのがバンカーという落とし穴。
コースの設計者は、もちろんそれらを計算ずくめの上でコース造形を練り上げてゆくので、なかなか避け続けられるモノではありません。ここはいっそのことバンカーを怖がらず、得意にしてしまって、逆にバンカーと仲良くなってしまいましょう。

バンカーショットでは「使用するウェッジのフェース面を開いて打つべし!」と、言われたことはあると思います。まさしくその通りなのですが、その「開き方」を間違えてしまうとバンカーからの脱出を難しくしてしまいます。だから、まずは「フェースの正しい開き方」を覚えることが大事。

「どうやっても1発で出せず、バンカーでは大叩き!」「苦手なバンカーには入れたくないから、グリーンまわりにバンカーがあると手前に刻もうとしてしまう」などのお悩みのある方たちへの処方箋になるやもしれません!

バンカーショットでの正しいフェースの開き方は?

まず最初は「フェースの開き方」についてです。基本的にはハンドレイトで構えてみましょう。ハンドレイトとはハンドファーストの逆を意味しており、アドレス時にクラブを握った手の位置がクラブヘッドよりも先(左側)にあるハンドファーストに対し、ハンドレイトはクラブヘッドの位置よりも手が後ろ(右側)にある状態になります。


【ハンドレイトの例】

【ハンドファーストの例】



ハンドレイトにする理由としては、ウェッジのバウンスが使えるようになるので砂にしっかりと強い衝撃を与えて、エクスプロージョン(砂の爆発)でボールを飛ばしたいからです。

①クラブを普通に開いて構える(構えた時に左手の甲が右上を向いてる状態)
②ハンドレイトに構える
この2つの違いは、
写真でもわかるように、①はフェースの向きが右を向いてしまうのに対して、②ハンドレイトの方は打ちたい方向を向いたままフェースを開くことができるのです。よって、ハンドレイトはバウンスが使いやすくなりバンカーに適した構えであるということが言えるのです!

もう一つ付け加えるとしたら、バンカーショットでもボールへのインパクトを安定させたいので、体重移動はなるべくしないように、最初から左足体重にしておくのもオススメします!

なぜ、普通に開く(構えた時に左手の甲が右上を向いてる状態)とボールがバンカーから出ないのか?というと、フェースが右を向くことでボールを前に飛ばす力が弱くなってしまうのと、バウンスをうまく使えないのために砂を取る量が多くなってしまうという2点が挙げられます。

だからといって、目一杯スイングしても結果は上手くいきません。ちゃんとしたアドレスを覚えるだけで、見違えるようにバンカーショットが上達すると思いますよ。

ピンに対して真っ直ぐ構えてもいいの?

次はスタンス。構えた時の体の向きになります。フェース面同様に、スタンスの向きも左を向いてオープンスタンスで構える方が多いと思いますが、それだとインパクトでフェースが開きやすく、ボールを前に飛ばす力が弱くなってしまいます。もちろん、状況によっては前にボールを飛ばしたくない時もあると思うので、その時はオープンスタンスで構えてもかまいません。

それ以外の場面では、なるべくスタンスの向きは打ちたい方向に向けて、ハンドレイトで構えて打ってみてください!打つイメージとしてはバンカーでもボールを捕まえていく感じですボールの位置は体の真ん中かやや左寄りに置いて、スイングしてみてください!

 


これらを意識してスイングすることで、クラブのフェース面にボールが長く乗り、スピンがしっかり効いて、プロのように止まりやすくなります!松尾兄弟式
バンカー脱出術で大切にしていただきたいのは、大まかにいうとこの2点になります!

何事も「基本が大切」になってくるので、まずバンカーでのフェースの開きと、適切なアドレスをしっかりマスターして、それを軸にしつつ、しっかりバンカー練習を積み重ねて頂けたら、きっとコツを掴んでバンカー好きになれると思います!

苦手意識の強いバンカー克服の為に頑張っていきましょう!


★アドバイスをもらったgjメンバーの声!

松尾ブラザーズにアドバイスをもらって早速ポイントをメモ!

上記ポイントを意識しながら、あとは
⑴ボールは体の真ん中(中央)に置き、スタンスを広くとって、重心は低くしてかまえる。
⑵最初から最後まで左足体重でスイングする意識で。
⑶ボール手前の砂を思い切り打ち、クラブを止めることなくしっかりと振り抜く!

このアドバイスをもらった直後のラウンドでは3回もバンカーに入りましたが、どれも1発で出すことができました!!

gj公認ライター/MIKIさん





兄・松尾洋輝(まつおひろき)
1995年生まれ。宮城県仙台市出身。東北高校。2017年 PGAP(フィリピンプロゴルフ協会) プロテスト合格。現在はレッスンや身体について独自に学びながら、仙台を拠点にパーソナルレッスン指導中。得意なクラブはパター。




弟・松尾勇輝(まつおゆうき)
1997年生まれ。宮城県仙台市出身。東北高校。2017年 PGAP(フィリピンプロゴルフ協会)プロテスト合格。レッスンのほか、仙台を拠点にダンスボーカルユニットの活動を行なっている。得意なクラブは58°



【ゴルフネットワークプラスの視聴方法】
●アプリで視聴
App StoreまたはGoogle Playから、「ゴルフネットワークプラス」のアプリをダウンロード!見逃し配信やゴルプラ女子部記事以外にも、ゴルフ関連のピックアップ記事がサクサク読めるゴルフマガジンや、人気レッスンの動画も全て無料でお楽しみいただけます!

『ゴルフネットワークプラス』アプリダウンロードはこちらから。

iPhone版をダウンロードする
Android版をダウンロードする


●パソコンやタブレット、スマートフォンで視聴
(アプリなしでも視聴できます)
視聴ページは下記のリンクをクリック

ゴルフネットワークプラスTV




Writer:gi編集部

あなたも「ゴルフネットワークプラス」アプリを
ダウンロード&会員登録してgjメンバーになりませんか?
今後のgjの活動は、アプリ内で随時お知らせしていきます!

GOLF NETWORK PLUS