• TOP
  • LESSON
  • スコアアップをはかりたいgj必見! 〜 新星・松尾ブラザーズのゴルフお悩み相談室 〜 #4 アイアンの飛距離編

スコアアップをはかりたいgj必見! 〜 新星・松尾ブラザーズのゴルフお悩み相談室 〜 #4 アイアンの飛距離編

ゴルフが大好き!だからこそ、もっとスコアアップして、もっとゴルフを楽しみたいもの。そんな思いに満ち溢れたgjにお届けしたいプチレッスンコーナー。今回は「番手なりのアイアン飛距離が打ちたい!」というお悩みご相談です。若きホープの松尾洋輝・松尾勇輝の兄弟プロが、誰でもかんたんに実践ができる練習法をアドバイス。皆さんのお悩み解決をお手伝いをします!


#1.パター編はこちらから

#2.アプローチ編はこちらから

#3.バンカー編はこちらから

お悩み その4.
アイアンで番手なりの飛距離が出なくて困ってます!

スイングでクラブを正しく扱えていれば、おのずと番手通りの飛距離は出るもの。 けれども「どのアイアンで打っても飛距離が変わらない」とか、 あるいは「ダフってしまって飛距離が出ない」「球が上がりすぎて飛ばない」などなど、お悩みは尽きないもの。 今回はそんな皆さんへのワンポイントアドバイスになります!


なぜ飛ばない?番手通りの飛距離を出すためには?

番手通りに飛ばない1番の理由は、ハンドファーストでボールにインパクトが出来ていないからです!


《すくい打ちに見られるアドレス例》

上の写真を見ると、完全にすくい打ちになっている状態。これだと単純にインパクト時のロフト角が増してボールに当たっているので、ボールは本来の番手以上に上へと飛んでしまって、その分、距離が出にくい状態を作り出してしまってるということになります。 要は、7番アイアンで打っているにも関わらず、実際は9番アイアンと同程度のロフト角で打ってるのと同じことに陥るのです。7番アイアンなりの飛距離を出したいのに、9番アイアンと変わらない飛距離になってしまうのはそのせいです。

さらにもう一点。すくい打ちをしてしまうと、右手首の角度が早めに解けてしまうためにダフりの原因にもなります。 ダフってしまうと当然ながらボールは飛びません。 この打ち方がクセになってしまうと、さらに「飛ばそう」とする意識が、結果的にボールを上げようとしてしまい、今まで以上に下から上にすくって打ってしまうとする悪循環に陥ってしまうので早く修正をしたいところ。 この事実にずっと気づけないままに練習やコースでのラウンドを積み重ねてしまうと、「自分はアイアンが飛ばない、打てない」という嫌なイメージだけが身体に染み付くことにもなりかねません。


《ハンドファーストでのインパクト成功例》

こちらはハンドファーストでのインパクトの例になります。 ハンドファーストインパクトとは、ボールに当たる瞬間では手の位置がボールより左側にあることのことを言います。 そうすると、必然的に右手首の角度がキープ出来ていないと、ハンドファーストの形はしっかり作れなくなってしまいます。 他の例をあげますと、テニスを見たことや、やったことある方はわかると思うのですがフォアハンド(右手で打つ時)では、しっかりと右手首の角度がキープされたままボールを打ちますよね?まさしくその動きに似てると思います!

ハンドファーストインパクトをすることのメリットとしては、ちゃんとロフト角通りにボールに当たるようになるので、これができるようになると番手ごとにしっかりと飛距離が変わってくるのと、 さらにすくい打ちともオサラバできて、手首を使わないシンプルなスイングになっていくので、飛距離はもちろんミート率も安定してゆきます! これをマスターするまでには多少の時間がかかるかもしれません。 ただ、体得できれば今までにないくらい良いアイアンショットが打てるようになりますので、是非トライしてみてください!

ハンドファーストインパクトの作り方

次は、具体的な練習方法をご紹介しましょう! 僕たちは、普段から練習器具を使ってチェックすることが多いのですが、 まず大前提として「アドレスで骨盤が前傾してるかどうか」。そして「その骨盤の前傾姿勢をキープしたまま振れているかどうか」を常に意識しながら練習をしています。これをベースにしつつ、ここでご紹介するパーフェクトペンドラムという器具を使用してるのです。 とても画期的なアイテムでかなり以前から愛用しております!


パーフェクトペンドラム


この器具をクラブのグリップエンドにアタッチし、器具の先端を伸ばして、それが身体に当たらないところでアドレスします。



アドレスができたら実際にスイングをするわけですが、ここで右手首の角度が解けたり、骨盤の前傾姿勢が崩れてしまうと器具の先端が身体に当たってしまうのです。 それをチェックしながら、ハンドファーストインパクトをマスターすることができるのです。 必ず、器具の先端が身体に当たらないように繰り返し何度もスイングをしてみてください!



《身体にパーフェクトペンドラムの先が当たってしまう失敗例》


この練習器具を入手しなくても、自分のクラブを2本使いながら器具の代用してスイングしていただくだけでも、 同じようにチェックすることもできるので、まずは試してみてください! なかなかこういったアイテムを購入するのはハードルがあるかも知れませんが、自分ではやってるつもりでも実際は出来てないことの方が多いため、やはり器具などに頼りながらスイングチェックするのが手っ取り早くベターだと思います。 正しいフォームを身につけることで、番手なりの飛距離も打てるようになってきますので、諦めずに頑張りましょう!

はたして自分はハンドファーストでインパクトができているのか?と、改めて見直してみてください!


★アドバイスをもらったgjメンバーの声!

プロいわく、ハンドファーストの習得が一番良いとのことでした!
そして、ワンポイントアドバイスでその場しのぎになるよりも、スイングそのものを変えるほうが上達への一番の近道だとも教えてくださいました!
パーフェクトペンドラムという練習器具はオススメです!

gj公認ライター/ゆかさん




兄・松尾洋輝(まつおひろき)
1995年生まれ。宮城県仙台市出身。東北高校。2017年 PGAP(フィリピンプロゴルフ協会) プロテスト合格。現在はレッスンや身体について独自に学びながら、仙台を拠点にパーソナルレッスン指導中。得意なクラブはパター。




弟・松尾勇輝(まつおゆうき)
1997年生まれ。宮城県仙台市出身。東北高校。2017年 PGAP(フィリピンプロゴルフ協会)プロテスト合格。レッスンのほか、仙台を拠点にダンスボーカルユニットの活動を行なっている。得意なクラブは58°



【ゴルフネットワークプラスの視聴方法】

●アプリで視聴
App StoreまたはGoogle Playから、「ゴルフネットワークプラス」のアプリをダウンロード!見逃し配信やゴルプラ女子部記事以外にも、ゴルフ関連のピックアップ記事がサクサク読めるゴルフマガジンや、人気レッスンの動画も全て無料でお楽しみいただけます!

『ゴルフネットワークプラス』アプリダウンロードはこちらから。

iPhone版をダウンロードする
Android版をダウンロードする


●パソコンやタブレット、スマートフォンで視聴
(アプリなしでも視聴できます)
視聴ページは下記のリンクをクリック

ゴルフネットワークプラスTV

 



Writer:gi編集部

あなたも「ゴルフネットワークプラス」アプリを
ダウンロード&会員登録してgjメンバーになりませんか?
今後のgjの活動は、アプリ内で随時お知らせしていきます!

GOLF NETWORK PLUS